コワーキングスペースHaLakeでのシステム化の取り組みまとめ

ニャンパスがコワーキングスペースを初めて、早二年以上が経ちましていくつかのシステムやら、IoTっぽいものを開発してきましたので、一度現時点でまとめたいと思います。

ソフトウェア開発がメインの会社ですので、コワーキングスペースをはじめた当初は、Raspberry Piを使って簡単な実験をやっていた程度でしたが、毎月開催のIoT勉強会をやるようになり、そこで得た知見から、また小学生へのプログラミング教室の毎週の開催からHaLake Kitといったデバイスの開発をはじめ、ソフトウェアに限らないものづくりを割りと盛んに行うようになりました。
今回は、そんな開発したものの中でコワーキングスペース運営に特化したものの紹介です。

Raspberry Piでのレシートプリンター


受付時にレシート発行するシステムです。Raspberry PiからUSBでつながれたプリンターを直接操作して印字しています。
写真にあるように500円ボタン、1000円ボタン、印刷ボタン、リセットボタンがあり、ドロップインのお客さんが2時間利用の場合500円ですので、二人いらっしゃった場合には500円ボタンを2度押して印刷ボタンを押すと二時間利用2名分という内訳で印字されます。
印刷ボタンを押してからレシートが一瞬で吐き出される様子は一見の価値ありです。

ソースコードも公開しています。
https://github.com/nyampass/halake-raspi


staff-ops



HaLakeにアルバイトとしてお手伝いいただいているスタッフとしてお手伝いしてもらっている方用のチェックリスト、タスク管理なものです。やってもらった作業や、コメントがSlackに通知されるようになっており、コワーキングスペースに足りない備品もこのシステムを使って把握できるようにしています。これで少なくなっている備品がリモートで把握できますし、同時にSlack上にはAmazonで購入したメールを流すようにしていますので、すでに購入されていてまだ届いていないのか、あるいは購入漏れがあるかどうかも全員が分かるようになっています。
今回のエントリーの中で唯一ソフトウェアだけのものです。

こちらもソースコードも公開しており、Heroku上で動くことを想定しています。
https://github.com/nyampass/staff-ops

ついでに、ニャンパスとしてIoT機器からのデータ収集を手軽に行うiot-srvというソフトウェアも開発していて、staff-opsと同時期に作った背景から、技術的な要素はNode.jsで動くことやHerokuを前提としている点で共通しています。
https://github.com/nyampass/iot-srv


Staff Dash Button

お客さんがウォーターサーバの水が切れていると分かったら押して貰うスイッチです。ニャンパスのSlack、HaLakeチャネルへ通知が行くようにしています。
水が切れていたらボタンを押さなくても直接スタッフに言うという声も聞かれましたが、僕もたしかにそのとおりだなと思います。完全にネタとして置いている装置です。

HaLake Kitでも使っているESP8266を使っています。
WifiへつながるESP8266はお値段もお手頃でちょっとしたプロトタイプのIoT開発には重宝しますし、何度か参加したハッカソンでも役立ちました。



(開発中)トイレが使用中かどうかがライトでお知らせ

 
新幹線でトイレが使用中かどうかが照明でお知らせしてくれるアレです。BLEの技術を使ったデバイスを作っている中で、実験の一つとして試しています。
BLE経由でライトの制御は安定的に動くところまでは出来ていたのですが、使っていたチップを変更したい諸事情があり、新たなチップにて今まさに開発中です。
基板が完成したらHaLakeKit Linoというオリジナルのモジュールとして、BLEを手軽に開発できるワークショップを今後開催していきます。


番外編

これらの開発以外にも、社員の河野くんが作って、HaLakeに置いてあるタナトスというロボット、マインクラフトや電子工作をテーマにしたプログラミングレッスンのこと、HaLakeKit Linoの詳細についてなどいろいろとネタはありますので、またまとめて行きたと思います、まる

コメント

人気の投稿